ワークショップが始まりました

お久しぶりです。Rinaです。
blog開設以来全然投稿しておらず、
かなり期間を置いての投稿となっております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日、12/16(水)から、環境感知アプリUIのワークショップが始まりました。
クラスメイトを1チーム8人の3チームに分け、
それぞれにどんな人が使うかなどの設定が設けられています。
①学校の教室・先生・特定の教室の環境
②飲食店(カフェ)・お客さん・店内の環境
③カラオケボックス・店長・各部屋の環境
私は②の「飲食店(カフェ)・お客さん・店内の環境」でした。

①②③のそれぞれの簡易ペルソナ、ストーリーをもとに、
環境感知アプリのUIをデザインする課題です。
また、デザインガイドラインも作成することになっています。

今日は、その環境感知アプリのUIをデザインするための、
それぞれの簡易ペルソナ、ストーリーを読んで、
Miroを使ってチームでカスタマージャーニーマップの制作に
取り掛かり始めました。
次回の授業も、カスタマージャーニーマップの制作の続きを
することになっています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

現在もコロナウイルスの影響でハイブリット授業になっており、
話し合いもハイブリットで行っており、
全員の顔が見えない状況になっているので、
ハイブリット授業になる前より少しやりづらく感じます。
みんな近くにいるわけではないので、
自分から意見を発信しなければお互いの意見が全くわからないという事が
発生しやすくなっているので、積極的に意見を言って、
チームみんなで話し合いしやすい環境を作っていけたらいいなと思っています。